精読という迷宮
5d9f15bd220e7570c3711d36

精読という迷宮

残り3点

¥2,750 税込

送料についてはこちら

吉田恭子+竹井智子・編著。 文学研究の基本と見なされている「精読」。 しかしそれがどんな営みなのか、共通理解は存在しない。 「精読」の名の下になされる多様な実践のありようを確認しつつ、迷宮にあえて足を踏み入れ、その魅力を追求する。 ※土日祝日のご注文の場合、休み明けの営業日(月~金)の発送になります。なにとぞご了承ください。 ◆松籟社サイトでの紹介ページはこちら→ http://www.shoraisha.com/main/book/9784879843814.html